発達障害の保護者向け講演会に参加しました!

2010年6月29日 * * コメント(2)
Pocket

KIWAちゃんご夫婦と夫と私の4人で、発達障害の講演会に行く計画を立てていて、
26日の土曜日に行ってきました。

KIWAちゃんちの小姫ちゃんがおたふくになってしまったので、
残念ながらKIWAちゃんの旦那さんは子守になってしまってお留守番になっちゃったので
KIWAちゃんと夫、私の3人で出席してきました。

スポンサーリンク

・・・と、まず講演会の話をする前に。
もう、お気づきの方も多いかと思いますが、娘が今年の2月いっぱいで高校を退学しました。
話すとかなり長いので、別サイトで追々書いていこうと思っていますが、
高校を退学する前も、そして退学した後も
娘の障害のことや娘のことで苦悩の日々を送ってきました。

本当に毎日毎日、家族みんな、辛い日々が続いてました。
以前からここに遊びに来てくださっている方はわかるかと思いますが、
娘が高校を退学する前後ぐらいから、更新もほとんどしてませんでしたが、
精神的に追い詰められていた私には、更新する気力もなく、今思えば
うつの初期状態だったのかもしれません。

中3のときに通った大学病院で娘は発達障害(ADHDの不注意優勢型)と言われました。
その後、担当の先生と娘の相性がよくなかったのか、娘が受診を拒否しだして
結局、病院には行かなくなってしまいました。

娘が退学をする前後に、新しい大学病院に受診し、知能検査や脳波の検査を受けた結果、
発達障害ではなく、知的障害の境界域と言われました。

娘の知能レベルは、だいたい12歳程度。
基本的に、発達障害の人は健常者の2/3のレベルしかないと言われているようなので
娘の知能レベルは納得できるのですが・・。

娘は知的障害といっても、境界域で、いわゆるボーダー(ライン)ということなので、
正確にいうと、健常者ではないし、かといって軽度知的障害でもない、
言葉は悪いかもしれないんだけど、中途半端な位置にいます。

境界域(ボーダー)なので、障害者手帳は発行してもらえません。
でも、娘が大きくなっても、誰かのサポートや支援がないと、社会生活を送るのに
支障が出てしまう。
病院も、これからずーっと病院にも通わなくてはなりません。

これから私たち親や家族は、娘が自立できるように今まで以上にサポートをしていかなくては
いけないのですが、それにはわからないことが多すぎて、
どうしていいか、サポートする側が困惑してしまっていました。

そこで、講演会に参加しようと思ったんです。

参加してよかったなーと思います♪

 

そして、久しぶりにKWIAちゃんにも会えて、KIWAちゃんちにお邪魔して
色々情報交換したり、くだらない話をしたりして、すごくリフレッシュできました。

日ごろから、KIWAちゃんには娘のことで色々話を聞いてもらったり
(泣きながら電話したことも、数知れず・・・(笑))
アドバイスもらったり、色々な情報を教えてもらったりしてるんですが、
なかなか家が遠くて会えないので、久々に会えて嬉しかったー!!

また機会があったら、こういった講演会にKIWAちゃんと参加できたらいいなーと思います♪

* * * * *
ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Pocket



スポンサーリンク

Pocket

カテゴリー:子育て日記
タグ:

前の記事:«
次の記事: »

コメント

  • おはよー!
    初講習会参加・・ドキドキしたね。(笑)
    また機会があったら行ってみようかね。

    こちらこそいつもお世話になってます!
    お互いに頑張りませぅ。┏○))ペコ

    2010年6月30日 10:09 AM | KIWAKO

  • >KIWAちゃん
    おはよー!
    ホント、初講演会はドキドキだったね(笑)
    うん、また機会あったら行ってみよう。

    いやいや、こっちこそいつもお世話になっております!
    お互い頑張ろうねー(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

    2010年7月1日 9:42 AM | moca*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://coco-style.biz/kurashi/kosodate/835.html/trackback