ふつうの暮らし

2011年4月22日 * * コメント(0)
Pocket

地震が起こる前は、

毎日を楽しく過ごしたいとか、小さなことにも幸せを感じたいとか、
すっきりな暮らしがしたいとか、片付けや収納を頑張ろうとか、
毎日を充実させようとか・・・

スポンサーリンク

いつものふつうの暮らしをいかに充実させようかと思ったり考えたりしてたけど、
今回の大地震で、正直、もうそんなのどうでもよくなった。

インテリアとか、シンプルライフとか、片付け収納とか、もうそんなのどうでもいい。
部屋なんて片付いていれば、いいんだよ・・・くらいの気持ちになりました。

 

帰る家があって、家族がいて、お布団があって、電気がついて、
蛇口をひねればすぐにお水が飲めて、お風呂に入れて、
トイレにも行けて、あたたかいご飯が食べれて。
もう、それだけで十分。

というか、命があるだけでありがたい。

 

充実感がないとか、毎日退屈とか、ヒマだなとか、そう思えること自体、
今まで当たり前だと思っていたふつうの暮らしが、
本当はどんなにありがたいことだったのか・・・。

住む家があって、
家族がいつもそばにいてくれて、
電気が使えて、お水も使えて、ガスもあって。
それらがあるのが当たり前だと思っていたけど、
そうじゃないんだよね。

 

大きな地震だけで地震による被害がない地域に住んでる私でも、
あの大きな地震がトラウマになりました。
私には家族もあって子どもがいるので、何かあったときに私が守らないとという
思いが大きくなりました。
正直、今までも家族や子どもたちを何かあったときに守らなければという
気持ちはありましたが、それ以上に強い思いに変わってます。

 

私の住む地域も緊急地震速報を何度も目にしているし、
大きな余震もあるので1日中、またいつ大きな地震が来るのかな・・・と
気にしながら生活している状態です。

 

地震が怖くて、トイレに行くのもお風呂に入るのも地震が来たらどうしようと思って、
ゆっくり入ってることができなくなりました(汗)

 

 

実際には、3.11の大地震のときも大きな被害がなかったので、
毎日の生活自体は3.11の大地震以前と同じようにまわっているけれど、
色々な面で3.11の大地震から変わってしまったこともたくさんあります。
余震、原発に関連して放射能のことなど、精神的に
疲れてしまうことが多く、3.11前のように平穏な日々ではなくなったように感じます。

 

地震の影響で夫の仕事も一時休業状態になったりして、
実質的な被害はないものの、大なり小なり地震の影響を受けてます。
色々と買い物したり外食したり経済をまわしたいと思う気持ちはあるのですが、
実際は心にそんな余裕がなく、考えることは地震や原発のこと。

 

正直、そういう生活に疲れたけれど、
日本に住む以上は仕方ないんですよね。
慣れるしかないのかな。

 

情報をシャットアウトすればいいのかもと思う反面、
情報を知っておかないとという気持ちもあり。
正確な情報が欲しいと思って、色々調べるうちに
更に気持ちが沈んでいったりと、まさしく負のスパイラル状態です(>_<)

もっと気持ちに余裕があればいいんだけどな。
もう少し、楽観的になれればいいんだけどな。
わかっているんだけど、どうにもこうにもそこまでの余裕が今の私にはない・・・・。

 

3.11前の毎日が、ふつうの暮らしがどんなにありがたいことだったのか、
毎日生きていられることに、いのちがあることに感謝です。

* * * * *
ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Pocket



スポンサーリンク

Pocket

カテゴリー:雑記
タグ:

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://coco-style.biz/kurashi/zakki-kurashi/3750.html/trackback