色々なお茶を楽しみたい私にぴったり!せんばのお茶お試しセット

2011年10月19日 * * コメント(0)
Pocket

コーヒーや紅茶も好きでよく飲んでますが、お茶も大好き。
でも、ひとりだと急須でお茶を淹れるのって結構面倒だったりするんです。
THE ズボラー主婦(笑)

しかも、今は煎茶飲んだけど、今度は違うお茶飲みたいなーってときありません?
私、結構気分によって飲みたいものが変わる人なんですぅ(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ

そんな私にピッタリなお茶を見つけましたー!
それが、せんばのお茶
私はお得なお試しセットを試してます♪

スポンサーリンク

せんばのお茶って?

日本茶インストラクターが厳選した茶葉を使用したお茶。
1杯分ずつ個包装になっている粉末タイプのお茶なんですが、
ただ単に茶葉を粉末にしているのではないんですよー!

茶葉から抽出したお茶を霧状にし、加熱空気で瞬間的に乾燥させて粉末化する
スプレードライ技術により、「本格的な渋み・甘み・旨み」と
「心落ち着くお茶の香り」、そして「水色」まで実現しているというこだわりっぷりなお茶なんです♪

お茶といえば、今、いちばん気になるのが放射能関係のことだと思いますが、
せんば茶で使用している茶葉の採取時期は、
2011年2月以前のものが使用されています

せんばのお茶お試しセットは11種類30包で1,050円!

せんばのお茶お試しセットは、11種類30包のセットで1,050円ととってもお得。
しかも送料無料。

11種類のお茶ですが、
煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶(「聖」「稀」「祥」のシリーズごと)、
麦茶、玄米茶のセットになってます。

煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶は、

  • 「聖」⇒濃いめのお茶が好きな方
  • 「稀」⇒お茶本来の旨みと上品な味が好きな方
  • 「祥」⇒のどごしのいい、スッキリしたお茶が好きな方

と、それぞれ3種類に分かれてます。

しかもね、

  • 煎茶『聖』では、煎茶の最高峰とも言える静岡産一番茶の深蒸し茶葉を採用
  • 煎茶『稀』では、高級茶玉露で有名な九州の八女茶を使用

と、茶葉にもこだわってるんですよ!
もちろん、香料や調味料は使用してません。

せんば茶 煎茶「聖」を飲んでみた

※普段、私が飲んでるもので失礼します(^-^;
(写真撮ること忘れて、ついついいつも私が使ってるコップに入れてしまったーw)

今回は、煎茶「聖」を飲んでみました♪
これが1杯(1包)分。
すごく細かい粉末(っていうか粒子)なので、さっと溶けてくれるので
ダマになったりしません。

1包に180mlのお湯かお水で溶かすだけで
すぐにおいしい煎茶を飲むことができるんです!

我が家はウォーターサーバーを使っているので、
コップにせんば茶を入れて、ウォーターサーバーでお湯or水を注いで
クルクルっと混ぜればすぐに飲める!
これは、非常に便利。

一応、180mlのお湯又はお水で・・・ってことだけど、
濃いお茶が好きな人や、濃いのが苦手な人は自分好みにお湯又は水を
増減すれば、自分の好きな濃さのお茶が簡単に作れるのもいいよね♪

こんなに簡単なのに、お味ですがとってもおいしいんです!
私、結構お茶にはうるさい人ですが(笑)、
本当においしい。

今回、初めて「聖」を飲んだので普通に180mlで作りましたが、
濃すぎず薄すぎず、ちょうどいい濃さでした。

 

実は、昨日の晩ごはんのときにウーロン茶と玄米茶を飲んだんだけど
お水に溶かすだけだから、1杯ずつ違うお茶を飲めちゃうなんて
かなり贅沢だよね(^-^;
それが、せんば茶なら可能なのもすごい(笑)

私、お出かけするときは500mlのペットボトルのお茶を買ったりするんだけど、
ペットボトルのお水を買って、せんば茶のお茶を2~3包持って出かけて
それをお水で溶かして飲んだほうがおいしいんじゃないかと思う!
近々、父の通院があるのでそのときにやってみたいと思います♪

11種類30包入って1,050円はかなりお得だと思います!
しかも、自分で急須で淹れるお茶よりも断然おいしいという・・・(苦笑)

お茶の常識を変えた!手軽なのに高級茶の旨み「せんばのお茶」のヒミツ!

バナー原稿 468×60 (110922)imp

* * * * *
ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Pocket



スポンサーリンク

Pocket

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://coco-style.biz/review/4880.html/trackback