100%手作り 腰塚の極上コンビーフを食べてみました

2013年11月5日 * * コメント(0)
Pocket

今回、100%手作り 腰塚の極上コンビーフをいただく機会があり、食べてみました。

腰塚の極上コンビーフ
【厳選食品安心堂】黒毛和牛腰塚の極上コンビーフ

コンビーフって、実父が好きで小さい頃はよく食卓に上ることがありましたが、私が結婚してからはほとんどコンビーフって食べてませんでした(私も夫も特別コンビーフが好きでも嫌いでもないので特に買うことがありませんでした)。
コンビーフというと、缶のものしか食べたことがなかった私なので、箱入りで、しかもなんだかとっても高級そうなコンビーフを食べるのは初めて!

スポンサーリンク

そういえば私、コンビーフのことって何も知らなかった

好きでも嫌いでもなかったので、小さい頃から食べてはいたコンビーフですが、実はよく知らなかったんです。
今回、改めて調べてみたら、コンビーフは、牛肉の塊を塩漬けにした後に、塩漬けした牛肉を蒸してからほぐし、調味料などを混ぜ合わせたものなんですね。

お肉でできていることは知っていましたが、意外と手間がかかるんだってこと初めて知りました^^;

腰塚の極上コンビーフは、絶妙な歯ごたえを残すために、旨味や甘味がある黒毛和牛の乳脂と豪州産の牛肉を組み合わせ、食感と美味しさを兼ね備えたコンビーフになっています。

腰塚の極上コンビーフは冷凍便で届きます

腰塚の極上コンビーフは、冷凍便で届きました。
箱の中を開けてみると。

腰塚の極上コンビーフ

こんな感じでコンビーフの塊が入っています。
これね、横から見るとわかるけど、

腰塚の極上コンビーフ

結構な厚みがあるんですよ!
かなりずっしりと重みがあります。

我が家のように家族が多かったりすれば、これ1個を1回で使うこともできますが、少人数のご家庭の場合は、届いたら包丁で1回分ずつ切って冷凍しておくといいですよ^^

冷凍になっていますが、包丁でちょっと力をいれれば切れるので分けておくと便利です。

実際に極上コンビーフを食べてみました

私の父は、コンビーフとニラを炒めたものが大好きなんですが、我が家の子どもたちはニラがあまり好きではないため、とりあえず違うものを・・・ということで、子どもたちも好きそうなものを作ってみました。

腰塚の極上コンビーフ

我が家の子どもたち(特に次男)は、きゅうりとツナ缶とちくわをマヨネーズと塩コショウで混ぜあわえたものが大好きなので、ツナ缶の代わりにコンビーフで作ってみたら、これがすごく美味しかった!
子どもたちもすごく気に入ったようで、2日続けて作りましたよ(笑)

あとは、腰塚さんのホームページにも掲載されていた、あつあつのご飯にコンビーフと卵を乗せるだけの食べ方!
これがすごーく美味しかったです!!(でも、子どもたちには上の写真のほうが人気でした(笑))

コンビーフって、私の中では食べても食べなくてもいい食材の位置づけだったので、自分も特別食べたいと思わないからほとんど買うことはなかった食材ですが、意外と色々使えて便利な食材なんですね♪

見た目は高級だけど、お値段はお手頃でした

腰塚の極上コンビーフって、箱も高級感あるのですごいお高いのかと思っていたら、1箱(280g入り)で1,417円と意外にもお手頃価格でした。
2箱セットでも2,980円。
確かに缶詰のコンビーフと比べると高いけど、美味しさが全く違います(というか、なんかもう別物に思えます)。

これからお歳暮の季節にもなるので、このコンビーフを贈っても喜ばれそうです♪

普段、コンビーフを食べない方でも、缶詰とは比べ物にならないくらい美味しいのでぜひ1度お試ししてみてはいかがでしょうか^^

【厳選食品安心堂】黒毛和牛腰塚の極上コンビーフ

* * * * *
ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Pocket



スポンサーリンク

Pocket

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://coco-style.biz/review/otoriyose/12128.html/trackback