大学ノート手帳の中身*月間カレンダー

2011年8月31日 * * コメント(0)
Pocket

先日、こちらでご紹介した大学ノートですが、ノートということもあって、
どうしても月間カレンダーがないですよね(^-^;

なので、私は月ごとに印刷してノートに貼っています。
こんな感じ。

月間カレンダーって、1ヶ月分の自分の予定を書いたり、仕事の予定を書いたり・・など
書くことが結構あるのに、マスが小さいのでごちゃごちゃになってしまいますよね。

スポンサーリンク

それが嫌で手帳をプライベート用、仕事用と分けていたときもあるんですが
これがなかなか使いづらかった(汗)

情報の一元化を、ほぼ日手帳でやっていましたが
色々試行錯誤してみたものの、やっぱり正直使いづらかったです。

 

で、この大学ノートを使いはじめたときには、月間カレンダーを
ノートに貼って使ってなかったんですが、やっぱり月間カレンダーは
必要だなーと思って、色々検索したりしていたときに見つけたのが
シンプルカレンダー」でした。

このカレンダーを印刷してみたところ、1日の幅も広めで使いやすかったので
毎月、こちらのカレンダーを印刷して使ってます。

大学ノートを手帳として使いやすいようにカスタマイズ

最初、月間カレンダーをノートの最初のページから3ヶ月分貼りつけて
使うことを思いつきましたが、手帳のように1年間、同じノートを使う訳では
ないので、こちらの案は却下しました。

だいたい私はノート1冊を2~3ヶ月くらいで使っているので
最初のページに3ヶ月分を順に貼りつけてもよかったんだけどね(^-^;

で、実際にはどうしているのかというと。

まず、1ヶ月の始まりの日(又は前日くらい)に、ノートに月間ダイアリーを
3枚貼りつけます。

なぜ3枚?って思うと思いますが、
1枚目と2枚目はそれぞれ仕事用のスケジュール管理や〆切りなど、
3枚目は家族と自分のスケジュール管理用として。

上の写真では9月の月間カレンダーが1枚しか写っていませんが
次のページとその次にも同じ月間カレンダーが貼りつけてあります。

隣合わせでそれぞれの目的別に月間カレンダーを貼りつけることによって、
この部分に関しては、本来なら手帳にしたら3冊分のスケジュール管理が
1冊ですむんです。

しかも、それぞれ別のノートや手帳ではないので、
スケジュールを書き込むにも見るにも、いちいち違う手帳を取り出したりする
手間がありません。

仕事のスケジュールやプライベートのスケジュールを見直したりする際も
ページをめくればいいので、めんどうなことがないのがラク(笑)

そして、月間カレンダー3枚の後は
そのまま1日~月末まで、この間書いたようになんでも書いていきます。

そして、また次の月になったら月間カレンダーを3枚貼る・・・

 

ただ、ここで、来月以降の予定があった場合はどうするか?ですよね。
私の場合は、来月、再来月までくらいの月間カレンダーを印刷して
ノートに挟んであります。
(クリップなどでノートの裏表紙にとめておきます)

ですので、もし来月以降の予定が入った場合は、
その月間カレンダーに記入しておきます。

もし、印刷していない月の予定などが入った場合は
ノートのいちばん最初の空きページに書いておきます。
そして印刷したら書きうつします。

月間カレンダーは、A4サイズの用紙に横印刷しているので、
A5ノートだと見開き2ページ分にピッタリなんですよ。
なので、いちばん最初のページは、どうしても空きページになってしまうので
そこを有効活用しています(笑)

大学ノートを手帳としても使っていますが、
ほぼ日手帳で実践していた色分け方法は、このノートでも実践しています。

 

今は、ネットで探すとA5やA4サイズのリフィルなど色々あるので
そういうものを好きなように選んで使えるので、
自分の好きなようにカスタマイズできる大学ノートは私には合ってるみたい♪

もし、気に入った手帳がなかなかない・・・という方は、
試しに大学ノートを使ってみてはいかがでしょうか?

* * * * *
ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Pocket



スポンサーリンク

Pocket

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://coco-style.biz/zakki_memo/4515.html/trackback